クレジットカードを持っているのですが、利率が高額なように感じてローン会社に問い合わせしてみましたがこちらの場合は無担保ですから、そういった利子ですと言われたのです。無担保カードとはいかなることなのですか。こんな疑問にお答えします。担保といったようなものが存するという意味はどのようなありさまに関することを示すのでしょう。フリーローンの際利用目的といったものが随意になっているローンで担保契約してない場合といったようなものがほとんどであってそのような事を無担保カードキャッシングと呼ぶのです。逆にマイホームローン等というようなものは買い物するものというのが確定しているので購入したものに対して担保などを設定します。これが有担保カードローンというふうに呼称されるのです。有担保融資に関する利点というのは、抵当がある分利率が低い金利になっているというところなのです。そうなるとキャッシングに担保などを設定しておいて利息を低くしておいた方が得する考えるかもしれないのですけれどもついつい支払不可能jになってきたときは担保物件を取られてしまうということになってしまいますから、そんな無為なことをしたい方はいないでしょう。実のところ担保などを設定できるキャッシングサービスといったようなものも有りますけれども、折角ご自身の信頼性で借りられるので、僅かな利息の額くらいについては我慢すると思うのが一般的なことだったりします。次に社員のような、収入が安定の人は信用性といったようなものも高く、わざわざ担保というようなものを設定せずとも金融機関のカードを作成することが出来、個人事業者の場合所得というようなものが安定してないので担保の差出などを要求される事例も存在するのです。ローン会社というものは貸し出ししたというだけでは利益が上がらないのです。利息取立てして始めて利益を上げるので当然な要求だったりします。よって無担保でも借りられる信用度といったようなものが存在することは相当大きい意味というのがあったりします。